読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんぺのにっき。

何かが変わっていったらいいなと願いながら、感じたままにいろいろ書きます。生きたいように生きたいね。好きなことを、好きなように好きなだけ。

あなたはあなたの『何か』を持っていますか?

『何か』の話。


あなたは『何か』をもっていますか。
わたしだと言える『何か』がありますか?

27記事目です。


ふとした瞬間、わたしには『何』もないなぁと寂しくなることが多々あります。
だから頑張って『何か』を得なければと思います。

 

『何か』を持ってる人を見るととてもうらやましくなる。
その『何か』はその人の一部で、その『何か』がおっきければおっきいほどにその人の価値が大きいように思います。

そう考えると、自分を示してくれるような『何か』はわたしは持っていないなぁと思います。
『何か』がだれかなら、『   』は    と同じです。

何もないといつかおいていかれる気がする。
誰からも忘れられてしまう気がする。
そのうち要らなくなる気がする。

いま一緒にいる人たちがいつか世界が違う人になってしまったら怖いなぁ。

なにもなくても素晴らしいと言ってあげられないのは、言わないと自分が決めてるからなのか。たぶんそうだけど。

わたしってどんな人間っていうと、「頑張り屋」って言われます。
高校くらいからかな。
卓球も勉強も両方頑張っててすごい!というのが割とまわりの評価でした。
わたしとしてはどちらも頑張ったことなんかない!!!って感じでしたが。
なにもがんばってないのに、がんばってるって評価されることにすごく違和感を覚える。
自分のビッグマウスなとことか、頑張ってるフリが上手なところに、変な言い方すると騙されてくれるんでしょうな…。
過程について評価してあげられないのは、結果が残らないと意味がないと思っているから。

もちろん過程も大事。過程で学んだことなんてごまんとあるからちゃんとわかってるけど、そのうえで結果が大事だと思ってる。
勝つためにやってる以上、練習したって試合で勝たなきゃ意味がないんだ、ということ。


あなたから見て。わたしは『何』ですか。
どういう人ですか。
『何か』持っていますか?

わたしはちゃんとわたしですか?


『何か』があれば自信を持てる気がする。

 

いやね、本で読んでね、そんなもんなくったっていいって知ってるんすよ。
知ってるんです。
そのままで自分が素晴らしいことを。

 

でもわかんないんです。

知しっているけど、わからない。

 

 

どんなに大丈夫と思っても、口にしても、払しょくしきれない不安があるんです。
ダメな気がしてしまうんです。
それじゃダメなことも知っています。
でも、こびりついたさびみたいな否定思考ってどうやったら落ちるんですか。
心の底から信じるってどうやったらできるようになりますか。

心屋さんの言う通りなら、わたしは幸せになりたくないのだし、成功したくもないってことになる。
そう思うたびに、くー、幸せになる覚悟が足りないぜ!!ってなる。

 

心屋さんの本読みたい…。
最近不足している。
貸し出し中のがたくさんあって、もうしばらく読んでない…。
苫米地さんも。

こころが軽くなる本を求む!

 

なにもなくていいんだという前提で、わたしにこれから『何か』がくっついてくるとして、その『何か』はいったいなんだろうか。

 

そんなことを考えて、Twitterに投稿したら、遠方のまだあったことはないトレーサーさん(パルクールしてる人のこと)にパルクール上手い人と言ってもらって嬉し泣きしました。

 

拾う神!って感じでした。

 

f:id:nozominpe:20170216080649j:image