読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんぺのにっき。

何かが変わっていったらいいなと願いながら、感じたままにいろいろ書きます。生きたいように生きたいね。好きなことを、好きなように好きなだけ。

どう生きていこうか

19記事目。

 

今日ふと思ったけど、結局これからやりたいこと決まってないなっていう。

パルクールを軸に生きていきたいとは思うけど、じゃあ具体的にはどうやって生きていこうと思ってるんだろう、わたし。

そう考えたら途端に怖くなってしまった。

 

決めれないのは覚悟がないからなのか、ほんとうに決める段階ではないからなのか。
うーん、結局覚悟がないのかなぁ。

段階だどうのって言ってる時点でそんな気もする。
そんなのは嫌だなぁ。

そうだとしたら、結局なんも変われてない。

変わらなきゃ、変わりたいって思ってここまで来たけど、もしかしたら1歩も進めてないかもしれない。

 

甘んじてることに満足してるかもしれない。

 

そんな自分を自己嫌悪して完結してるかもしれない。

 

うわぁ…………。

やだなぁ……。

 

そうだとしたら結局は働きたくないのと同じじゃん。

就活したくないだけじゃん?

 

うわぁ、うわぁ、うわぁ。

 

生きていくにはお金を稼がなくちゃいけない。

お金のためには生きたくないけど、生きるためにはお金がないと。

はやく経済的に自立したいのもほんと。

いっぺん家は出たいし。

一人暮らしじゃないとしても。

いつかは戻ってくるとしても。

 

 

どうやって稼ごうか。

何で生活を満たそうか。

 

選択はなんだって自由なのにね。

 

自由に生きたいし、そうであろうと思っているはずなのになぁ…。

 

なんだかもやもやしてきちゃった。

 

でも例えば、パルクールにまったく関係のないお仕事をするとして、お仕事とパルクールの精神的な両立はできるのだろうか?

今でさえわりと抑圧された状態にあるのに…。

 

そう思ったら、たぶん耐えきれないからパルクールという道でいいんだと思う。

 

そういう信念を持っていたほうが、ちゃんと自分でいられる気がするし、生きてる感じがする。

それは実感としてある。

 

なにもないと、ほんとうになにもないから、時間をただ浪費しているような感じになってしまうからなぁ…。

これは過去の経験として。

 

こうしなよ、を待ってる自分もいるけど。

(20年そうだったから許して)

 

なんか山奥とかで自給自足の生活するのとかいい気がしてきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログをはじめるきっかけをくれた彼女の記事を見て久しぶりにうらやましいなぁと思った。

ちょっと前はうらやましくて読めない記事とかあったよ。最近はそんなことなかったの。

このうらやましいの底にある気持ちはなんだろうか。

 

うーん。

わたしであることに価値がほしいんだろうか。

今は無価値だ!とかそういうのではなく。

わたしであることを認めてほしい?

認めるというよりは必要とされたいかも。

 

あなたがいてくれてよかったですって言ってほしいのかも。

言われるというか、思われたい。

思ってもらえたなら、自分のことをもっと認めてあげられる気がする。

他人に好かれる自分を好きになれる気がする。

 

ほんとは順番逆なのに(笑)

 

自分のこと認めてあげたら、そのままを必要としてくれる人に気づけるというか寄ってくるというか。 

 

なんだろう?そういう時期?

進みたくないのかな?

 

うーん、どうしたわたし?

 

 

この記事の内容自体もそうだけど、自分のこと否定に走ってやしないか?

 

うーん、素敵になりたい。

素敵に生きたい。

キラキラしたい。

ワクワクしたい。

 

楽しいや嬉しいで心を満たして生きたい。

 

もっとラフになりたい。

 

もっと自分のこと好きになりたい。

 

わたしのまま生きていきたい。

 

今日は乱雑に書いたけど、もうちょっと自分中で感じきりたいなぁ〜。(考えるよりは思う感じるに近いかな)

 

 

あんまり気分は良くないけど、それもまたご愛嬌的な感じで。

 

こわいね、わかんないね、ふあんだね。

 

f:id:nozominpe:20161206151540j:image

甘いもの食べたいなぁ…。