読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんぺのにっき。

何かが変わっていったらいいなと願いながら、感じたままにいろいろ書きます。生きたいように生きたいね。好きなことを、好きなように好きなだけ。

ウェブ投票について感じてしまうこと

ちょうどいまweb投票を行っている世界一周について書こうかな。

人に見てもらうためのブログは初めてかも。

 

現在、TABIPPOさんが主催している世界一周コンテストの3次選考まで残ることができています。エントリーたぶん100人近くの中から19人の中に残ることができて本当にうれしい気持ちでいっぱいです。毎日たくさんのがんばれにとても元気をもらっています。
久しぶりに連絡した人もいて、自分がこんなに多くの人とつながっていることに嬉しくなって、がんばれ!応援してる!ってみんな言ってくれてとっても、とっても感動しています。
本当にどうもありがとうございます。

 

TABIPPOに応募したのは本当に偶然で、わたしの尊敬してるともだちが応募してたからでした。
彼女と同じ景色がみてみたくて、じゃぁやってみようそんな感じ。

 

彼女の生き方はとても素敵で、パルクールで生きていきたいというわたしの願望を、じゃぁパルクールで生きていこうという決意に変えてくれました。
彼女もあることで生きていこうと思っていて、それで世界を目指すなら、わたしもパルクールで世界に出たい、だってパルクールでやりたいことこんなにこんなにたくさんある!そうおもって応募締め切りの15分前とかにフォームを送信しました。

 

はじまりこそ彼女に影響されたわたしでしたが、いまではわたしのためにこのコンテストで優勝して世界一周したいと思っています。

 

ということでTABIPPOで世界一周に行くことについての想いを書いていこうかな。
(決勝プレゼンまでやる気まんまんだから、どこまで書いていいのかわかんないな)

 

一番強い気持ちは「もっとうまくなりたい」です。純粋に、シンプルに大好きなパルクールをもっともっとやりたい。うまくなりたい。世界中のパルクールを吸収したい。そんな野心的な気持ち。


でも、うまくなるってべつに自分さえよけりゃの話じゃなくて、パルクールで為したいことがたくさんあってそれを実現するためには実力が前提だと思うから。これからのパルクールを創っていくために、どうしてもどうしても実力がほしいから。

 

そんなこと言ったって自分勝手やな、なんて思われても仕方ないかもしれません。でも、わたしは、昔必要以上に他人を意識した「誰かのため」というそういう自分に酔っているといってもいいくらい、自分のことをないがしろにして生きていた気がします。わたしが我慢すればすべて解決。ならそれでいいや、みたいな。それがいつしかたまりにたまって、大事なものとの選択を迫られたとき、危うく心が本当に壊れてしまいかけた。そんな経験から自分に嘘をつくのは辞めようと、今の生き方を選んでいます。やりたいことをやる、食べたいものを食べる、着たいものを着る、そういう生活。素敵なエネルギーが身体をめぐって、「わたし」がちゃんと生きてる生き方。気持ちいい。

だから、ここでも書きたいことを書きます。


今、とっても悔しいです。。
1010票も入れてもらいました。19人中6位です。でも、とってもとっても悔しいです。
このweb投票、わたしはお願いしか出来ません。
家族に、友達に、トレーサーの方に、友達の友達に。
投票する権利をもっているすべてのひとに委ねるしかありません。
どうか応援してください。あなたの1票をわたしに入れてください、と。
毎日票数が更新の時間になるとどきどきします。
逃げ出したくなる気持ちにもなります。とっても、とっても怖いです。

それはどれだけの人がわたしのことを応援するよ!って言ってくれたかだと思うからです。
でも、逆にそれ以外の人に応援されてないんじゃないかってとっても怖くなる気持ちがぬぐえない。「わたし」というひとりの人間のことが、まったくひとの心に響いていないようでとっても悔しいと思ってしまいます。

精神的に未熟と言ったらそうなのかもしれない。
でも、1対1じゃなくてもあなたの目の前でパルクールについてわたしについて話したらきっと伝えられることが、ネットの300字の文で伝わらないのが悔しい。
わたしを認めてもらえてないみたいで悲しい。
悔しい、悔しい、悔しい!

そんな気持ち。

だからこそ、ひとりひとりのがんばれがとっても嬉しくて、いちいち感動して泣けてくるんだと思います。

 

 

どうかあなたの1票をわたしにプレゼントしてください。

 

http://2017vote.tabippo.net/entry96/